【20代】初めての仕事探しが成功するガイド

*

20代の仕事探しで大切なこと

1.転職市場で人気が高いと言われる20代

 20代での仕事探しは、ほかの年代に比べると比較的簡単だと言われています。それは、ほかの年代より人経費が抑えられ、採用後は企業のカラーに染まりやすいと考えられているからです。また20代はキャリアチェンジをしやすく、未経験者OKの求人が多いのも事実です。とはいえ、すべての業界や職種が、キャリアチェンジを望む20代を受け入れているわけではありません。自分が志望する業界や職種について、事前にリサーチしておくのが基本です。

 そして、20代の誰もが、いまよりキャリアアップできる仕事に就ける保証はないことも、しっかり自覚しておく必要があります。。求人が多い時期だからこそ、自分が転職したいと思う理由を明確にし、それが現職ではかなわないのか、勤務先の職場に不満がある場合、その問題を解決するために自分なりに努力したかを振り返り、まずできることはすべてやるようにしましょう。そうした経験が、後の仕事探しに活きてきます。

 また、新卒で就職して3年以内の仕事探しは、想像以上に厳しくなりますし、キャリアアップにはつながりにくいものです。自分のキャリアプランを明確にし、タイミングをはかることも大事です。

2.20代の仕事探しで有利なこととは?

 転職市場で20代の人気が高い理由の一つに、社会人としての基礎ができていることがあげられます。すでに正社員として働いた経験があるので、ビジネスマナーや礼儀、立ち居振る舞いを一から指導する必要がありませんし、前職と同じ業界や職種での中途採用であれば、仕事の引継ぎなどがスムーズにいくというメリットもあります。

 また、若い20代は環境への順応性が高く、ほかの年代に比べると、職場になじむのも早いですし、将来性という意味でポテンシャルを秘めています。仕事に対する意欲がある20代であれば、転職期間が短く済むのは、企業側が現在より将来を考えて採用することが多いからです。自分のキャリアプランを鑑み、どんな転職をすべきかを熟考し、給与や待遇だけでなく、自分を成長させてくれる場をどのくらい与えてくれるかという観点で仕事探しをすると、キャリアアップにつながります。自分に価値づけできる職場はどこかという視点を、常に持って、求人をチェックするように心がけましょう。

3.企業が20代に求めることとは?

 企業が20代の中途採用者に求める能力の筆頭は、「コミュニケーションスキル」です。新しい環境で仕事を始めるにあたり、社内外のひとたちと円滑なコミュニケーションをはかり、仕事を円滑に進めることが、中途採用者に求められることだからです。

 ですが近年、企業は20代を招待のリーダー候補として、中途採用するケースが増えています。将来的に会社の中枢を担えるよう、成長できるポテンシャルがあるかどうかも、大きなポイントになるのです。リーダーの役割を担えるようになる資質として、指示されたことを適切に行うだけでなく、自ら考え行動できる能力を持っているかどうかが、重視される傾向が強まっています。

 2011年に独立行政法人労働政策研究・研修機構が発表した、「入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査」(回答3,392 社)によると、それまで「産業界が求める人物像」として上位を占めていた「協調性」「コミュニケーション能力」「熱意・意欲」を抑えて、「自主行動型」であることがトップになっています。そうした背景から、30代や40代のニーズが高まり、求人が増えていることを考えると、若いからと言って楽観できる時代ではなくなっていることがわかります。

 即戦力として、企業の利益に直結する専門スキルはなくても、自分なりに創意工夫をしながら成長しようとする気概があることを、応募書類や面接でアピールすることが必要でしょう。その際、気持ちだけでは説得力に欠けますので、必ず具体的なエピソードを添えられるよう、しっかり自己分析してください。

4.ハローワークより転職サイトが有利な理由

 近年、厚生労働省を中心に、若者の就業支援を盛んに行っていますので、若者ハローワークを利用しているひとも少なくないでしょう。ですが、自分に合った仕事探しをしたいと思うなら、転職サイトを活用することをおすすめします。若者ハローワークでは、地元に密着した中小企業の求人が多いですが、転職サイトは全国規模の求人を扱っているので、自分の希望条件に合った仕事探しがしやすいというメリットがあるのです。

 さらに転職サイトには、企業からのスカウトを待てるサービスがあります。自分の経歴を匿名で登録しておくと、興味を持ってくれた企業からオファーが届くというサービスです。転職サイトに登録し、20代でキャリアチェンジをはかったひとの中には、異業種からのオファーがきっかけになったひともたくさんいます。自分の選択肢を広げるという意味でも、効率的な仕事探しをするという意味でも、転職サイトのスカウトサービスは魅力です。特色の違う転職サイトに複数登録し、一つでも多くの求人情報に触れて、自分のキャリアアップに最適な仕事探しをしましょう。

5.20代の仕事探しで目指すべきこと

 20代は、確かに仕事探しがしやすい年代です。ですが、初めての転職の目的が何かで、その後のキャリア形成に大きな影響を与えます。給与や待遇、職場の人間関係など、些末な理由で転職をするのではなく、自分の将来にプラスになる、キャリアアップにつながる仕事探しをすると決め、前向きに取り組みましょう。その際に大事なのは、自分のキャリアプランを明確にすることです。どの業界や職種で、自分が3年後、5年後、10年後にどうなっていたいかをイメージできるかどうかが、20代の仕事探しには重要な要素です。終身雇用制が崩れたいまの日本では、漫然と仕事をしているだけでは、定年まで企業に在籍するのは難しい現実を踏まえ、少しでも将来の自分に役立つ仕事探しをしていきましょう。

 そのためには、日ごろから人的ネットワークの形成や、専門スキル・資格の取得など、自分に価値づけするための努力も不可欠です。20代のうちに、一つでも自分の武器を増やしておきましょう。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・転職ノウハウあり
・レジュメ保存機能あり
・スカウトあり

公開日:
最終更新日:2015/04/20